忍者ブログ

スキ魔3行

FLEXISPOT 電動昇降デスク ミニスタンディングディスク

2か月ほど前、電動昇降デスクを買ったよ!と記事を書きました。
結構奮発した買い物だったのですが
使ってみてとてもよかったので、使用感をレビューしていこうと思います。







立って作業は思いの外いい
まず、立って作業してる人ってあんまりいないと思います。
小学生の時悪いことをしたら廊下に立たされたし
電車だってできれば座りたい。
立ってるより座ってるほうが良いに決まってラァ!
と思って当然だと思います。

そう、きっとイスに座って机で作業することは人間の大発明です。
地面で作業してたら、腰がすぐにオシャカになることでしょう。

でもそんな大発明にも一つ難点があって
「イスに太ももが当たってて、血流が流れにくくなる」こと

座るのは楽だけど
座りっぱなしは危険なんですね。

“座りすぎ”が病を生む!?(NHK クローズアップ現代+)



学校みたいに1時間で毎回教室移動などあれば
イスから離れ、歩いたりして問題ないんですが

1人だと、1時間毎に休憩はなかなかできないんじゃないでしょうか?
やっと集中力出てきたわ…と思ったら、1時間過ぎていたりしますもんね。

じゃあ、学校の先生が黒板の前で使ってるような背の高い机で
立って作業してれば解決か?というと
なんと、立ちっぱなしも体には良くない。

立ちっぱなし、座りっぱなしは要注意 下肢静脈瘤(サワイ健康推進課)



そこで電動昇降デスクなわけです。ボタン一つで高くなったり、低くなったり。
集中力を保ったまま、同じ机で姿勢を変えることができる!

ん~いい時代ですね。


体が少し疲れてきたな、集中力落ちてきたなって時に
立っての作業に切り替えるとなぜか集中力が戻ってきます。
ほどよい緊張感があるからかな?







実は座って作業するのにも利点がある
立って作業をしたいから購入したので
上記の点だけでもかなり満足してたのですが
思わぬサプライズがありました。それは

高さが変えられるということは
「座ってるときの机の高さも変えられる」ということ

そう、座って作業をするときにも
「自分の体にあった高さにできる」

世に出ている机はなるべく色んな人が使えるように
サイズを考えて決めていると思うのですが(まるでユニクロみたいに)
逆を言うと平均的な体型でなければ
「自分にピッタリあった机」にはなかなかならないと思います。

イスの高さは自分に合わせて変えられるんだから、
机も自分に合わせられればよりフィットします。

机の高さと椅子の座面の高さの関連性

僕は机の高さを調整してから
座って絵を書く時に無駄な力が入らなくなりました。
小さなことですが、何時間も行う作業だと結構からだに影響あります。




よく使う高さを記録してくれる

上下するボタンだけじゃなく、高さを記憶してくれる
3つのボタンがついています。

僕は【座ってPC】【座って絵を書く】【立って絵を書く&PC作業】
に振り分けました。

PC作業だけでなく、立って絵も書けるので
肩がすごい楽です。




安い
自分が初めて昇降デスクを見つけたのは5,6年前だったんですが
その頃はまだ20万とか普通にしていました。
「あ、だめだ…使ったこともないものにそんなに出せねぇ…」
と諦めていましたが。
6万円台となれば、チャレンジできます。
30日間以内なら返品・交換保証もあるので安心です



組み立て方はこんな感じでかんたん。
のんびりやったけど30分くらいで完成しました。



机の脚や天板の色が選べるんですが
自分は図書館の机と同じ色のパープルにしました。(集中できる)
脚は壁と同じ色のホワイト(同化してスッキリするかなと)

脚だけ購入して天板を自分で用意するのもアリです。
ユーチューブで天板をDIYで手作りしてる方もいました。
【商品紹介】簡単!Loctekデスクを組み立てる




最後に
自分がこの電動昇降デスクを買ったきっかけが
仕事でデスクに座りっぱなしで、太ももがしびれてきたからなんですよね
「あ、なんかマズイな…」と

立っての作業を取り入れることで、太もものしびれも、なくなって安心しました。
自分の体に合わない机で体調を壊して病院代払う前に
体調も治せて、快適な作業環境を手に入れられてよかったです。

机は壊れることが中々ないから何年も買い換えないし
奮発して買ってみてもいいのではないでしょうか。

机で長時間作業する人にはとにかくおすすめです!

気になった方は↓をクリックするとLoctekのHPに飛びます。







最近、立って作業するときは
足つぼシートを踏みながら作業するのにはまってます
じじくさい…笑



PC作業専門の方には
ミニスタンディングデスクというのもあります。


拍手[3回]

PR

コメント

プロフィール


三倉 和幸


生きてる~♨

カウンター

たまにポチポチしてほしい

にほんブログ村 漫画ブログ ウェブ漫画へにほんブログ村 漫画ブログ 漫画家志望へ